ナゼかキニなるエトセトラ

とにかく書いてみます。

でた!【ダチュラ】の花!「BANANA FISH」第七話をみた

なんだかんだ、毎週きっちり Amazonプライム・ビデオ でアニメ「BANANA FISH」を観ているワタクシです。

 

 

さて、物語は進み、文庫版では第三巻に当たる”バナナフィッシュ”の謎解きも佳境に入ろうか、という 第七話 リッチ・ボーイ を観ておりましたところ、

 

   

   画面に【ダチュラ】の絵が映りましたねえ。

 

 

ダチュラとは、『コインロッカーベイビーズ』を読んだ方ならおわかりでしょう、じゃじゃん!

 

コインロッカー・ベイビーズ 上下巻セット (講談社文庫)

 
↑文庫の方。これこれ、この黄色い背表紙♪
  (画像はamazonより拝借しました。)

 

ワタクシがマンガ『BANANA FISH』をみていたころと同じころ、村上龍(敬称略)の『コインロッカーベイビーズ』を読みまして、”ダチュラ”はその中に出てきました。

 

”バナナ魚”と”ダチュラ”は似ているなーと、両作品を楽しんだものでした♪

 

ネタバレギリギリでかるーく説明するならば、バナナフィッシュもダチュラもざっくり言うと毒物で、服用すると狂暴性を帯びるという作用から、兵器にされようか、というモノ。

 

  (ギリギリアウトか⁉)

 

 

ワタクシが「ダチュラの絵」と言うのは、バナナ魚もダチュラも、同じ原料から作られたもので、その原料が、「ダツラ」。

「エンジェルトランペット」の名の方がメジャーだと思います。

 

垂れ下がる大振りのお花は、まさにトランペット、なかなかゴージャスな咲きっぷりなので人気があるのかな、結構あちこちのお庭先にあるのを見かけます。

 

(でも写真はないの。)

 

 

の、お花の絵のこと、なんざんす。

 

 

長。

 

 

ダチュラもバナナフィッシュも、ああ青春!

薬に興味を持ったきっかけとなり、その後、アロマテラピー(アロマオイル)、漢方薬、薬膳へと興味の連鎖が(笑)。

 

だからね、やっぱりマンガってすごいなってオチです。

 

どれだけのことをマンガから教わったか!

 

 

いやあ、マンガって本当にいいものですね、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ!

 

 

当ブログにお越しくださり、

お読みいただき、

本日もありがとうございました!

ご感想や、お愉しみいただいているとのお声も、

とってもとっても嬉しく、励みになっております!

どうもありがとうございます!

みなさまに好いことがたくさんありますように。