ナゼかキニなるエトセトラ

とにかく書いてみます。

【あるある】猫の毎朝恒例行事「新鮮さん」

本日もありがとうございます。猫親バカの小部屋です。

 

今朝のウチのコ。

f:id:nazekini:20180710102256j:plain

腕枕ならぬ、脚枕。

「新鮮さん」直後の様子をとらえたものです。

ふさふさと風にそよぐしっぽ、背中の水玉模様が、夏の朝にぴったりです。

かわゆラす。(YES,親バカ!)

 

本日は、ウチのコの毎朝の恒例行事、「新鮮さん」について綴ります。

 

ウチのコは、シーツ交換時に必ず側にやってきて、替えたてのシーツに乗り、その新鮮さを堪能するがごとくひとしきりゴロゴロ、ノビノビ、毛づくろい。

 

時には危険な遊び(『動物のお医者さん』より。自らのしっぽを追いかける、高速回転遊び。後にバランスを崩し、コケる危険があるため。)に興じてみたり。

 

f:id:nazekini:20180710212036p:plain 『動物のお医者さん』第一巻

 

交換が待ちきれずに、シーツをひっぺがすそばから、前足で押さえつけてくることもあります。いや、それ今から洗うヤツだから。

(「新鮮」じゃなくてもいいんじゃ……。)

 

 

何より、

替えたばかりのシーツを「新鮮」というのかどうかは置いといて。

 

飼い主あるあるとして、呼び名が増えるというのと同じくらい多いのが、同居している動物独自の遊びや、お気に入りのおもちゃ等に命名することだと思うのですが、共感されないかしら。

 

当ブログにお越しくださり、

お読みいただき、

ありがとうございます!

スターをつけていただいたり、

読者登録してくださり、

本当にありがとうございます!

 今後ともよろしくお願いいたします。