ナゼかキニなるエトセトラ

とにかく書いてみます。

アニメ「BANANA FISH」第十話まできて【そーだよアホだよー】

前回、ワタクシの中で「一番いやな話」と呼ぶ部分が放送されまして。

一番好きなキャラクターはショーター・ウォン、猫目宝石です。

本日もよろしくお願い申し上げます。

 

 

ホントにねえ、あの話にぶつかる度に、ひどい話だ!と憤懣やるかたない気持ちになるのに、なんで『BANANA FISH』は面白いと言ってしまうのか……。

 

 

おもしろい、おもしろいとよく言うけれど、がははと笑う面白さではないですわあね。

 

 

さて、第十話まできて、ようやく各回のタイトルが本の名前であることに気づいた、愚図で鈍間なワタクシです。〽それがッどーした アッホッだよー

 

第十話は「バビロンに帰る」、フィッツジェラルド

 

いよいよシン・スウ・リンがアッシュとご対面。

この、シン・スウ・リンは、原作者さん吉田秋生(敬称略)の、『YASHA-夜叉』、『イブの眠り』にも出てくるキャラクター。

 

頭がよくて、たくましく、強く優しく明るいやんちゃ坊主。

 

  ええコやわー。

 

というイメージ。さすがショーターの跡継ぎ(跡継ぎ?)

そりゃー何度も出て来るのも頷けます、うなうな。

 

 

ところで、アニメを見始めた頃は、正直言って強烈な違和感を持っておりました。

その理由は、

 

   スマートフォーン

 

 

原作を連載当時の1985年にみていたもので。

スマフォがあったら、アッシュは簡単に逃げてしまえるんじゃ……。などと思ってしまう(笑)。

 

このところのお話では、スマフォが出てこないので、スマフォが出てきたことすら忘れていたんですが(え?)、今回、マックスが

 

イラク帰還兵に言うセリフかよ」

 

と言ったことで、はた!と。

 

 そうだ、時代は現代だった……。

 

と思い出しました(笑)。

 

 

原作未読の方にご説明いたしますと、原作では「イラク帰還兵」ではなく、「ベトナム帰還兵」となっております。今は昔の鉄のカーテン、冷戦時代。

 

 

あと、この十話で触れておくべきところは、アッシュと英二の再会シーンでしょう。

 

「おまえはオレが守る」

「オレのそばから離れるな!」

 

原作そのままのセリフでした。他も原作そのままのセリフがほとんどですが。

 

話はちょっとそれますが、今回のお話で、原作でのワタクシの好きなシーン

f:id:nazekini:20180907145204j:image

残念ながらアニメではカット。

ワタクシはこれでインテリの元の言葉を知りました。

今なら、それこそスマフォでピピっと調べるんでしょうね(笑)。

 

f:id:nazekini:20180907151333j:image

 

↑ワタクシの心の中のショーター・ウォン。サンプラザ中野くん(敬称略)ではございません。

 

 

 

当ブログにお越しくださり、

お読みいただき、

ありがとうございました!