ナゼかキニなるエトセトラ

とにかく書いてみます。

サバジャガ

カタカナで書くと地名っぽいなと思いました。

先日、煮物を作ろうとして、酒が切れたことを思い出し、鯖の味噌煮缶で作ってみました。

味はまあまあ。少しだけしょうゆを足したのと、
やっぱ魚臭いので、しょうがを入れました。
それでも、レンジで温めると、ちとにおう。


鯖缶アレンジレシピってたくさんあるんですね。

鯖の水煮缶に、もやし、玉ねぎ、カレー粉、マヨネーズを混ぜて、春巻きの皮で巻いたものも作ってみたら、鯖嫌いな家族も食べてくれました。

あれ、しょうゆもいれたかな?入れたな。

鯖サンドもやってみたいと思ったことがあるけれど、これは家族から抵抗されそうだなと、戦う前に戦意喪失(笑)

鯖サンド、トルコの名物だそうですね。

で、トルコと言えば、実はわたしの中で、トルコも少しキている…。

と、いうのは、昔割と好きだった漫画家さん、髙橋由佳利が、『トルコでわたしも考えた』というコミックエッセイを出しているのを知ったのと、アベマTVでトルコのドラマがやっているので。

それだけw

トルコもドラマが輸出産業と知ったこともありますな。


今夜は鰆の塩焼きです。