ナゼかキニなるエトセトラ

とにかく書いてみます。

「五十にして天命を知る」のかどうだか、ハテハテふむーン♪

[http://blog.hatena.ne.jp/-/odai/6653458415126110680:title=お題「ブログをはじめたきっかけ」

はじめまして、ワタクシです。

名前はまだない。というより、ブログの使い方がまだ覚束ないのであります。

一行目、なんかおかしくありませんか?こんなものなんですか?

ブログをはじめたばかりの新参者です。どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、早速ですが、ワタクシ、嘘をつきました。

「ブログをはじめたばかり」

半分嘘です。

 

実は、十年以上前になりますが、ブロガーのハシリみたいなことをしておりました。

当時は「ブロガー」という言葉もあったかどうか。

 

子供の頃から文章を書くのが好きだったワタクシは、自分の書いた文章を読んでいただけることがうれしくて、尚且つ、100円200円、たまに500円という単位ではありましたが、文章を書いて報酬を得られたりして、すっかりはしゃいでおりました。

 

ガンガンブログを書いていたのですが、ダンダン怖くなって、ある日ぜーんぶやめてしまいました。

 

文章を書くのが楽しいだけのワタクシのブログ、どれもブログ上でケンカをする?言い争う?いわゆる炎上するようなことは全くありませんでした。

 

では何が怖かったのか。

貴方のやさしさ?

(すみません)

 

影響力の大きさにビビったからです! 大笑い、ですよねー、いやホント。

 

影響力あってこそのブログなので、そういう点ではむしろエリート街道にのったようなもんで、続ければよかったのにねえ、とも思わなくはないですが、ブログを読んでくださっている方々の、ほんの一部分の知人ではあるけれど、右往左往している姿を目の当たりにし、それで夜逃げのように?全部引き上げ、すたこら逃げた、という訳です。

逃げるが勝ちです。(勝ち負けじゃあない)

 

そんなワタクシが、十年以上経って再びブログをはじめたきっかけは…。

なんだろう?

 

人生第二の思春期である、更年期に入って色々ある中で、

「アタシって、何が好きだった?そういえば文章書くの、子供の頃から好きだった…。」

とぼんやり思い出し、書いてみようかなと、原稿用紙を買ってきてみたり、万年筆を買ってみたり。

 

あーでもない、こーでもない、と頭の中で考えているうちに一年が過ぎ(笑)

 

とにかく書かないことには始まらないねえ~で、あるコンクールに応募することにしたんですね。書くために理由をつけたんです。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

 

そのコンクールを知ったのは、応募締め切り十日前。

「郵送すると考えると、速達使うとしても一日前までには書き上げてないと…。」と考えるせいなのか、なかなかペンが進まず。

 

よくよくみると、インターネット上からも応募もできるみたい…ということで、締切日当日に一気に書き上げ、つーか、タタタタタン!っとキーボードを打ち上げ?送信!ターン!(キーボードを叩く音)と。

 

それが、実に爽快で。

 

「文章書くの、ネット上の方がよくね?てか、書き(打ち、か)やすいかも。」と、もう一度ブログをはじめてみることに致しました。

 

ちょうど五十になるし。

四十にして不惑っていうけど、五十は何?と、検索かけたら、

「五十にして天命を知る」

五十歳になって、天から与えられた自分の使命を悟るようになるということ。

(故事ことわざ辞典より引用)

 

ほへー!

 

果たして書くことが天から与えられたジブンの使命と悟るのか否か、乞うご期待?

 

当ブログにご訪問いただき、

お読みくださり、

ありがとうございました。